「PCで生活するには」の記事一覧

就職先はどこがいい?

技術を売りにしているとこ!

●おすすめ

ウェブ、PHP、LAMPが必要になるシステム開発
linux関係のエンジニア

●入らない方がいい(システムにかかわれない)

フラッシュ開発、ウェブデザインとか、ネットショップの管理、営業

●微妙

ソーシャルゲーム系

今は人気があるが…
iPhoneやPCからアクセスできない、フラッシュ使えない
今後はブームが…?

●おすすめ企業

GREE、モバゲー

技術売りにしていればベンチャーでもよい。

KLab、クルーズ最近伸びてきた

●「GREE」という会社の由来

6 Degrees of separation

「世界中のすべての人間は、6人の知人の連鎖で繋がっている」

GREEの田中さんフローチャート

1、まず、PHPを覚えましょう。

2、次に、無料のウェブサービスを立ち上げてみましょう。

ここで持っておくべきマインドセットは当然・・・、

「コンテンツを作るな、入れ物を作れ」

3、アイデアが浮かんだら即座にサービスにしていきます。

4、アイデアの思いつくままに、どんどんウェブサービスを作ります。

5、そのうちヒットするサイトが出てくるので、

6、そこに資金を投下して巨大化させます。

7、どんどん技術者を雇い入れます。

8、上場。

9、自社株を売却して、1000億円手に入れます。

PHPウェブビジネス収益化

「コンテンツを創る人はどんどん貧乏になっていき、
場を提供する人はどんどん金持ちになっていく」

ので、

「入れ物を作ろう」。

そのために、IT系の事業をしたい人は

「PHPを勉強しよう」

そしたら

「2000億円稼げる・・・・・かもしれない」

入れ物=ユーザーがコンテンツを作るサイト
例)ブログ、ミクシィ、YouTube、週刊少年ジャンプそのもの

コンテンツ企業
例)エイベックス、集英社小学館講談社、
朝日新聞毎日新聞読売新聞、フジテレビ

▼ネットビジネス業界が100人の村だったら・・・

1、パソコンがまったく使えない人(70人)

↓(稼げない壁)

2、簡単なHTMLくらいなら理解できる人(29人)

↓(スモールビジネスの壁。アフィリエイト、アドセンスの壁)

3、PHPを使ってサービスを立ち上げられる人(1人)

ビッグビジネス。GREEやMIXI。

私の感覚的に、

70:29:1くらいの割合だと思います。

大多数の人(100人)がネットで稼ぐことができなくて、

少数派(30人)が稼げて、

さらに少数派(1人)が莫大に何十憶と稼いでいる。

こういう感じです。

自動化で成功できる

●プログラミングをアフィリエイトサイトに応用する。

コンピュータ上での作業を自動化
ランキング、アフィリエイトサイトの自動生成
ASP作成、いろいろなウェブサービス作成

●手動サイトは月5万円の奴隷。

一生手作業でサイト更新。

PHPでAPIを使ってサイトを作れば、一度システムを作ってしまえば自分でコンテンツを作らなくて済みます。

例)ふぁぼったー、ツイッター、ヤフオク、facebook

作成例)非モテSNS

サブコンテンツ

このページの先頭へ