「合同会社その後」の記事一覧

副業の税金(所得税・住民税)、20万円、覚えておくべきこと

20万/年の所得(収入-経費)がある場合
確定申告が必要。
http://uguisu.skr.jp/tax/final_declaration.html

その申告をすると、所得税や住民税の金額が変わる。

所得税は、個人で追加納付。
http://fukupon.jp/knowledge/14082616.php

住民税は、給料より天引き(約1年後から始まる)
https://biz.moneyforward.com/blog/kojin-kaikei/payment-method-of-the-residence-tax/

 

住民税を特別徴収から普通徴収にすることにより、
副業を会社にバレないことができるとよく記載があるが、
https://biz.moneyforward.com/blog/kojin-kaikei/payment-method-of-the-residence-tax/

最近は、基本的にどこの自治体でも普通徴収はできなくなりつつある。
http://www.city.yokohama.lg.jp/zaisei/citytax/shizei/tokuchou/suishin.html

なので、就業規則などで会社が副業を許してくれるところが望ましい。
違反したら、問答無用でクビになるケースもあるかもしれない。

 

自分の収入や経費、マイナンバー制度が始まっても
税務署が全てを把握することは、現在の所、不可能と思われるが、
(全ての相手先に同時期に税務調査が入ることは考えにくいため)
バレた場合、大変なことになってしまうので、やめたほうがよいと思う。

 

確定申告をせず、税金を納めなかった場合、
最大で、支払うべき額の1.5倍払わなければならなくなる(3年分~最悪5年分)
領収書などがない場合、税務署の推測で金額がきまるケースもある。
そうなってしまうと、それ以上払わなければならないケースも考えられる。要注意。
http://iwanaga-tax.com/?p=597

参考までに税務調査受けた人の例
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7082381.html

 

事業以外の余計なことで時間を取られないためにも、
きちんと申告をした方がよさそう。国民の義務でもあるので!!

 

会社勤めしているサラリーマンでも個人事業主になれるが、失業保険が出ないらしい。
(給付を受けたければ、開業停止届か廃業届を出すのを忘れずに)
http://uguisu.skr.jp/tax/personal_business.html

 

ちなみに、屋号は、個人事業主にならなくとも表示してもよさそう。
法律に特に記載はないらしい。だが人によっては、脱税になるからやめた方がよいとの記載も。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10122126830

 

最悪のケース
会社、副業NG、副業20万超えているのに確定申告せず、税務調査NG、法律違反、1.5倍支払。
会社に住民税が通達。まめな、経理の人、発見。就業規則違反、クビ。路頭に迷う(ー_ー)!!

自動引き落とし(継続課金)を安くするには

pay palの継続課金がいいらしい。

初期費用、0円
月々の料金、0円
決済手数料、3.6%+40円

銀行口座からの自動引き落とし
クレジットカードでの継続課金
だと、結構費用がかかりそう。

本格的に運用を始めたら詳しく調べる予定

http://blog.sr-inada.jp/keiei/uriage/paypal.html
http://payment-x.com/merchant-nyumon/kodoku.html

クレジットカード法人年会費無料

法人のクレジットカードで
年会費無料のものを探してみました。

1.コーナンPRO BusinessCard
口座振替可能
ゆうちょ銀行、大手銀行他

2.ビックカメラSuicaカード
(一年に一度でも使えば無料らしい)
口座振替可能
ゆうちょ銀行、住信SBIネット銀行、大手銀行、信用金庫など
(楽天銀行やジャパンネット銀行はできない)

両方とも法人のカードと言うよりは法人の代表者向けのカード
口座振替を法人の口座に指定できるので、問題ないかと。
(ビックカメラは個人でも使えますが…)

業務が忙しくなると、色々効率をよくしたくなりまして、
通勤費の領収書(請求書)、ネットからダウンロードできるように、
ビックカメラSuicaカードを契約しました。
オートチャージも魅力です。

コーナンプロは仕入をクレジットでする場合、
領収書代わりになるので、便利です。
クレジット対応の仕入先は少ないんですけど…。

後は、折半している経費もクレジットを別にすると、
領収書代わりになるので、便利かな。

個人用クレジットカード
法人用クレジットカード
法人個人折半用クレジットカード

3つに分けることでだいぶ分かりやすくなりました。
最初からビックカメラSuicaの存在を知っていたら、
法人は一つにしていたかもしれません。

ボーナス支給、突然

とある理由で、ボーナスを支給しようとした
注意事項などまとめてみました。

届け出先
最寄りの年金事務所

必要な書類、2部
健康保険・厚生年金保険被保険者賞与支払届
健康保険・厚生年金保険被保険者賞与支払届総括表

期限
支給後、5日以内

※11月に支給した。おそらく来月くる11月分納付書に
基本給にボーナス分が加わった納付書がくると思われる。
その際に、給与から年金分、源泉所得分をひこうと思う。
手取りは減るが…、年末調整もあるし。

※役員賞与、賞与は違う
役員に関しての賞与は、役員賞与、賞与二つある。
定期的の賞与は役員賞与、1~2回は賞与。
役員賞与は、役員報酬同様、事前に決めておかなければならないらしい。
突然変わると、法人税が加わるかも?

参考HP
日本年金機構、従業員に賞与を支給したときの手続き
ボーナスに係る税金について
賞与とは

合同会社移転

自宅兼事務所のため、引越しに伴い
本店移転、代表者の住所変更をするために法務局へ

●旧法務局提出書類

1-1.合同会社変更登記申請書(旧住所用)

東京合同会社変更登記申請書

1-2.同意書

同意書

1-3.決定書

決定書

1-4.収入印紙貼り付ける紙(40,000円分の印紙貼った)

2-1.合同会社変更登記申請書(新住所用)

埼玉合同会社変更登記申請書

2-2.別紙

別紙

2-3.収入印紙貼り付ける紙(30,000円分の印紙貼った)
2-4.印鑑届出書

※一部印鑑押したりない所あったもよう。
個人印と会社印は持参したほうがよい。

旧法務局に1、2の書類を提出
旧法務局で手続き完了後、新法務局に郵送で
書類を送ってくれるとのこと。

3月の忙しい時期のため、手続き完了まで
時間がかかる。
旧法務局で5日(3営業日)
新法務局で7日(5営業日)
法務局により異なるらしい。

完了しても特に連絡などはないとのこと。
完了してそうだったら、旧新どちらでもいいので
電話で聞いてみると、完了しているか分かる。
埼玉県の場合は、本局でのみ登記手続きが行われているため、
本局に確認。

確認後、履歴事項全部証明書が取れるようになるので、
印鑑カード交付申請書と共に、登記事項証明書交付申請書を
持参し取りにいく。
そうすると、旧税務署、旧年金事務所の手続きができる。

※印鑑カード郵送してもらうことも可能
印鑑カード交付申請書、切手を貼った返信用封筒を旧法務局に
一緒に渡すと送られてくるが、一度新法務局の確認もしたいため、
私は、やめた。

●新法務局提出書類
3-1.印鑑カード交付申請書
3-2.登記事項証明書交付申請書

参考になったサイト
孤独な合同会社本店移転の巻
代表社員の住所変更

以下いまいち覚えていないが、こんな感じだったような…?
————————————————————
●銀行
住所変更届

●旧社会保険事務所
健康保険・厚生年金保険適用事業所所在地・名称変更(訂正)届
登記簿教本コピー

●旧税務署
異動届出書
登記簿教本原紙

●旧都税事務所(市役所)←どうだっけ?
異動届出書
登記簿教本コピー

————————————————————

●新社会保険事務所
被保険者住所変更届

●新税務署?
異動届出書
登記簿教本原紙

●市民税事務所(市役所)
異動届出書
登記簿教本コピー

●県民税事務所(飯能税務署)
法人の名称変更等の報告書
登記簿教本コピー
定款

参考になったサイト
一件落着
三井不動産

法人社宅契約

アパマン契約手順

・電話予約

・物件見る

・書類記入
入居申込書-法人)用→アパマンショップシーリング
入居申込書兼保証委託申込書-法人用→全保連(保証会社)

・その他提出物
免許証(住基カートもついでにもっていった)
登記簿コピー
印鑑証明書(法人)コピー
名刺
※正式契約には、登記簿の原本必要
本来、持参は免許書のみでokだが信頼していただけるように
色々お渡しした。

・審査
全保連から連絡あった
(連帯保証人、2人必要、代表者+1名)
アパマンショップシーリング連絡なし
(ある場合あり)

・お支払い
仲介手数料として賃料の1ヶ月分現金で→22000×1.05=23100
(伺ったアパマンショップに)

全保連へその他銀行振込み
鍵交換費           :15,750(税込)
火災保険料         :15,000円(非課税)
安心入居サポート :15,750円(非課税)
消臭施工代         :10,500円(税込?)
簡易消火器代      :6,090円(税込?)
退去時定額精算   :45,000円(税込)
初回保証料         :27,300+840×50%=27,720円(税込)
(月額賃料など総額+事務手数料840円の50%)

月々のお支払い
家賃:26,000円(非課税)
事務手数料:840円(税込)

1年に一回
更新保証料:(26000+840)×10%=2694円(税込)
(月額支払総額の10%)

初回から2年目終了までの総額家賃
仲介手数料+初回費用+退去時+家賃(23ヶ月)+事務手数料(23ヶ月)+更新保証料
23100+90810+45000+598000+19320+2694=778,924円(税込)

不動産会社に色んな費用、無駄だから要らないとお伝えした。
結果、1ヶ月分フリーレント、消臭施工代無料となった。

※1ヶ月分フリーレント
契約日15日、入居日27日、12日分料金払い、次月無料
だから、実際は18日分無料扱い

決定料金
778924-10500-26840/30*18=752,320
総額
752,320円(税込)

月辺りにすると
31,346円(税込)

何も言わなければ、32,455円(税込)
全てケチれれば、30,357円(税込)

言ってよかったが、説明はお粗末だった。
アパマンのフランチャイズのため、上がダメと言えば
それに従わなければならないよう。粗利とりすぎでは?

2年に一回
火災保険料:15000円(税込)

※敷金、礼金0物件注意事項

・2年後
更新料:賃料の1ヶ月分→26,000円(非課税)
※更新手数料と記載があると、消費税かかる。

総額
火災保険+安心入居サポート+更新料+家賃+事務手数料+更新保証料
15000+15750+26000+624000+20160+5388=706298

月辺りにすると
29,304円(税込)

※資本金1000万以上だと保証会社いらない。

法律、領収書について

著作権侵害ならない
一般的な言葉、よろしくお願い致します。
全文、そのまま引用はダメ。
google検索結果
タイトル、下の文章から判断し、大丈夫かダメか判断
今回の場合、ok
(オシャレ、かわいい、笑顔、嬉しい、一般的な言葉
広く認識されているので)
ホームページ全体見た目
googleで間違うことがないが、
万一間違って、入ったとしても違うサイト
と認識されればOK
ちなみに、混同、誤認させた場合
不正競争防止法
に違反となる。
商品写真引用された
著作権侵害になる。
色違いの返品
応じなくても大丈夫
顧問弁護士
10人規模の会社でもいる
弁護士費用
相談料
5000円/30分
経費で落とせる
顧問弁護士
契約によって異なる
月5万/5h
月2万/5h
裁判までの流れ
弁護士間で交渉(費用10万~20万)
↓決裂
裁判(費用最低50万、半年~1年)
訴えられたとき弁護士費用立替
(20万以下/月、収入)
法テラス
http://www.houterasu.or.jp/service/hiyoutatekae/
契約
事業、消費者契約法外れる
民法、公序良俗で訴えれるが
何が、公序良俗に反するか曖昧
裁判しても無駄。

著作権の基礎
ネコでもわかる意匠権
著作権、意匠権、わかりやすい 

領収書について
グレーゾーン、会社による
okweb、領収書として認められる文面は

サブコンテンツ

このページの先頭へ